LIKKLE MAI(リクルマイ)

EN2 EN2

DUBバンドDRY&HEAVYの元・女性ヴォーカル。4枚のアルバムとKING JAMMYによるDUB アルバムをリリース。3度の海外ツアーでは「WOMAD」や「BIG DAY OUT」の大型フェスに出演のほか、Primal Scream、Asian Dub Foundationなどのオープニング・アクトに抜擢される。国内ではLee PerryやHorace Andyなどの来日公演をサポート。日本を代表するDUBバンドとなる。

2005年にDRY& HEAVYを脱退しソロに転向、06年『ROOTS CANDY』、07年『M W』、09年『mairation(マイレーション)』、大塚製薬ポカリスエット「たけしとインドネシア編」のCM曲「The Life Is Simple And Beautiful」を含む10年『DUB IS THE UNIVERSE』 の4枚のアルバムをリリース。『mairation』と『Dub Is The Universe』はミュージックマガジン・ベストディスク日本レゲエ部門第一位に輝いている。

ギタリストThe Kとの2人編成ユニットLikkle Mai & The Kでの活躍はカナダ、オーストラリア、台湾、フィリピン等国内外に及ぶ。特にハワイでの人気は特筆すべきもので6回のハワイツアーを成功させている。

2014年12月、レゲエの名トラックに東北の民謡をのせた一連の“民謡レゲエ”と東日本大震災で被災した故郷を描いた表題曲を収録したミニアルバム「きたぐにのはる」をリリース。日本国内を周るツアーは3年に及ぶ。

2018年2月28日サウンド・システム仕様のキラー・チューン「V-I-C-T-O-R-Y」を7インチで先行リリースし7月18日ミニアルバム「Rise Up」リリース。

 

一方でREGGAE~DUBのDJとしての活動も長きに渡る。近年は唯一無二のロックバンドSOUL FLOWER UNIONのサポート・メンバーとしての活動など、レゲエのコアなシーンからロック、民謡に至るまでジャンルの垣根を行き来できる稀有なシンガーである。希望郷いわて文化大使。

Likkle Maiオフィシャル・ウェブサイトhttp://likklemai.com

 

slider img

 

DISCOGRAPHY
LIKKLE MAI
1998. 3 女性レゲエシンガーによるコンピレーションアルバム『いろいろないろ』へ参加「My My Java」収録(TRC-110)
1998. 6 ワンウェイ・トラックのコンピレーションアルバム『MODERN CONNCECTION』に参加「You Must Be a Wicked Guy」収録(MCCD-0001)

2001. 2 Little Tempoのアルバム『KEDACO SOUNDS』に参加『LIKKLE INNA BEATBOX』収録 (Cutting Edge CTCR-11081)

2004. 9 V.I.P Internationalのコンピレーションアルバム『DAZZLIN GOLD』に参加「VITAL CHILDREN PT.Ⅱ」収録 (V.I.P International Records・REC-002)

2005.10 Likkle Maiのアナログ専門レーベル『Lik’Daughter』より7インチ・シングル『ROCK TO SLEEP/YOUR POCKET』をリリース (LKL-001)
2005.12 CDシングル『Why Are You In A Hurry?』をリリース (Beat Records・BRE-22)

2006. 2 1stソロアルバム『ROOTS CANDY』リリース (Beat Records・BRC-141)
2006. 7 12インチ・シングル『Your Love ~Spotlight Mix』をリリース (LKL-002)
2006. 8 Bob Marleyのトリビュートアルバム『BOB MARLEY Icon Tribute』に参加「Kinky Reggae」収録(FAEC INC・FMAR-035)

2007. 7 2ndアルバム『MW』をリリース (MK STARLINER・MKD-001)

2008. 1 「MW」からの7インチシングル『My Woman / Home,Sweet Home』をリリース (LKL-003)
2008. 4 Soft Punk『桜reggae』に参加 (SICL-201)「卒業写真」他収録
2008. 6 Dolisのミニアルバム『Swingin’ Singin’ Playin’』 (Rythm Zone RZCD45914)のリード曲「水平線と夕焼けと片思い」にFeaturing Vocalとして参加
2008. 7 Soft Punk『渚レゲエ』(Sony Music Japan International Inc. SICL204)に参加「渚にまつわるエトセトラ」他収録
2008. 8 『IRIE IRIE~J-Reggae DIVA Compilation~』(日本クラウン CRCP40208)に参加「Home,Sweet home」収録
2008. 9 DVD『KAIKOO meets REVOLUTION』(POP GROUP Recordings POPDVD102/103)に参加「My Woman」のアコースティック・ライブ映像収録
2008.10 V.A 『S Reggae Best!』(Fomula Recordings QWCF 10028)に参加「My Woman」収録

2009. 5 Likkle Mai『Come Together For I&I』 Lik’Daughter(LKL-004)7インチ・リリース
2009. 5 V.A.『Nippon Reggae MOTOWN』Universal(cpch1715)に参加「You Can’t Hurry Love」収録
2009. 6 Cool Wise Man『Rindown』GALACTIC(GLCD-0025)に参加「Melody Life」収録
2009. 6 V.A.『Drinking Reggae Style』Universal(upch1724)に参加「北酒場」収録
2009. 7 Hemo&Moofire presents V.A.『WOMAN WI NAME』Avex(CTCR-14634)に参加「My Woman」「Woman Wi Name」収録
2009. 7 V.A.『ジブリ meets Lovers Reggae』Universal(upch1732)に参加「風の谷のナウシカ」収録
2009. 7 V.A.『Windblow』FREE WORKS MANUFACTURED(XQWB-001)に参加「あの場所で逢おう」収録
2009.10 Likkle Mai『One Life To Live~Single Version~』MKstarliner ※配信限定リリース
2009.10 3Head『3H2』 beatbitに参加「Gun Mamma」、「Radiomai」収録 ※配信限定リリース
2009.11 3rdアルバム『mairation』MK STARLINER(MKD-002)リリース
2009.11 V.A. 『Music For Jamaican Children』Village Again(ZLCP-0003)に参加『鮮やかな未来』収録
2009.12 sunaga t experience『JAZZ et JAZZ』GENEON Universal(GNCL-12128)に参加「Gold’n’Silver 」収録

2010. 7 Coba-U『童謡レゲエⅡ』(QC‐493)に参加「わらべうたメドレー」収録
2010.12 Soft Punk 『Soft Punk冬編』liquidrecordings ※配信限定リリース

2011. 3 YAMP KOLT『yes』(BOO414RXV8)に参加「一番大きな木の上から」収録
2011. 6 V.A.『DUB CONFERENCE』(XQKF‐1005)に参加「Straight To Yellow Ciderella’s Head」収録
2011. 6 MASAmatix『MOVIN’』(CTCD2305) に参加「Them Belly Full」「In Your Eyes」収録
2011. 7 V.A『Let’s Get Outside』(HIMTC1012)に参加「My Woman」収録
2011. 7 Coba-U『un』DQC-717に参加Likkle Mai &The Kプロデュース曲「Life」収録
2011. 7 THE SWING EASY ORCHESTRA 『In The Mood For SKA plays PUNK NEWWAVE Classics』XQKF-1008 に参加「New Town」収録

2012. 2V.A.『Sing With Kids』(VICG-60802)に参加「手のひらを太陽に」収録

2012. 7 4thアルバム『Dub Is The Universe』をリリース(MK STARLINER・MKD-003)

2014. 7 コンピレーションCD『Swing Easy presents / OLDIES but GOODIES』(XQKF-1077)に参加「Bing Crosby」収録
2014.12 ミニアルバム『きたぐにのはる』MK STARLINER(MKD-004)リリース

DRY&HEAVY (1995-2005)
1997 12インチ・シングル「SOMEBODY HAS COME」リリース(Olive Disc・OR-2502WH廃盤)
1997.8 “1stアルバム「Dry&Heavy」リリース(Olive Disc・TGCS-354、LP:OR-2407MR廃盤)”
1998.11 “2ndアルバム「One Punch」リリース(Beat Records・CD:BRC14、LP:BRLP14廃盤)”
1999.1 12インチ・シングル「Mr.Blue Flame」を英GREEN TEAよりリリース(GTT004)
※イギリスの国営放送のラジオ局BBCのレゲエチャート6位にランクイン
1999.6 12インチ・シングル「Raddical Star」を英GREEN TEAよりリリース(GTT005廃盤)
“※同年、ニュージーランドのFM局”RADIO ACTIVE”12/8付けチャートで1位を獲得。”
1999.10 2ndアルバム「One Punch」を英GREEN TEAよりリリース(CD:GTCD002)
2000.2 7インチ・シングル「Dawn Is Breaking」を限定リリース(Beat Records・BRSP001廃盤)
※英NME誌Single Of The Weekを獲得
2000.5 7インチ・シングル「Love Explosion」を限定リリース(Beat Records・BRSP003廃盤)
2000.6 “3rdアルバム「Full Contact」をリリース(Beat Records・CD:BRC24、LP:BRLP24)”
「Full Contact」が英GREEN TEAでリリース(GTCD003)
2000.8 12インチ・シングル「Less Is More」を限定リリース(Beat Records・BRA11廃盤)
2000.10 “ダブアルバム「King Jammy meets Dry&Heavy in the Jaws of the Tiger」リリース
(Beat Records・CD:BRC30、LP:BRLP30)”
“同月、英GREEN TEAから上記の作品のUK盤リリース(GTCD004)”
“「Full Contact」US盤を米BSI RECORDSよりリリース(CD:BSI017−2、LP:BSI017−1)”
2002.7 “4thアルバム「From Creation」をリリース(Beat Records-CD:BRC55,LP:BRLP55)”
(DREAMLETS 1994-1996)
1996.2 7インチ・シングル「A BREATH TAKING A GUY」をリリース(MOON BEAT・LM−2718)

Release

LIKKLE MAI
1st album “Roots Candy” (2006) / BEAT RECORDS
1

2nd album “MW”(2007) / MK STARLINER
2

3rd album “mairation” (2009) / MK STARLINER
3

4th album “Dub Is The Universe” (2012) / MK STARLINER
4

ミニアルバム“きたぐにのはる” (2014) / MK STARLINER

jackets

Dry&Heavy
1st album “Dry and Heavy” (1997)
Includes “I’m A Likkle Lioness” “Steppin’ Out

2nd album “One Punch” (1998)
Includes “Mr. Blue flame” “Radical Star” “Say No More”
21Z062RPR5L

3rd album “Full Contact” (2000)
Includes “Dawn Is Breaking” “Love Explosion” “Less is More”
;;;

4th album “From Creation”(2002)
Includes “New Creation” “Show A Fine Smile” “Silent Drive”
“Don’t Make the Children Cry” “Bright Shining Star”
21A1FKBGSML

THE K

ギタリスト、トラックメイカー。1990年頃よりキャリアをスタート。”V.I.P.BAND”、
“REGGAE DISCO ROCKERS”等でギタリスト、トラックメイカー、リミキサーとして数々の作品を発表。ギタリストとして参加した”DRY&HEAVY”ではダイナミックさと繊細さを併せ持つプレイスタイルで多くの名演を残す。レゲエ界でトップクラスのその実力はHIP HOPやR&Bシーンからも注目され、TWIGGY、YOU THE ROCK☆、AIなどの作品でもその腕を披露している。

04年、DRY&HEAVY脱退以降はLikkle Maiの相棒として、アルバム制作とライブ活動をサポート。2人編成のLikkle Mai &The K、総勢7人のLikkle Mai Bandの両方に参加。特にアコースティックスタイルでは、アコギとリズムボックスで、ギター、ドラム、ベースの3役を表現、Likkle Maiの歌世界を強力にバックアップしている。

現在はLikkle Maiに加え、盟友Kong Dong率いるインストレゲエバンドDuppies BandのギターやPushimのサポートメンバーとしても活躍。

testsetse

Likkle Mai Band

【Vocal】 リクルマイ / Likkle Mai

【Guitar】 ザ・ケイ / The K

【Drums】 大石幸司 / Oishi Koji
川上つよしと彼のムードメイカーズ、Little Tempo等のドラムを担当。90年代初頭よりレゲエドラマーとして活躍、ダブからダンスホールまで様々なスタイルのドラミングを誇る。

【Bass】 河内Kouchie 洋祐 / Kouchie Yosuke
やっほー!バンドやこだま和文DUB STATION BANDでキャリアを積み、現在はReggaelation IndependAnceの屋台骨を支えるベーシスト。セッション奏者としての活躍も顕著。

【Keyboards】 森俊也 / Mori Shunya
Fire Ball、Pushimなどのジャパニーズレゲエアーティストのプロデューサーであり、マルチプレイヤーでもあるベテラン。自身がバンドマスターを務めるEcho United Orchestraでも手腕をふるう。

【Percussions】 田鹿健太 / Tajika kenta
GOMA&THE JUNGLE RHYTHM SECTION、Little Tempo等で活躍のパーカッショニスト。ラテンからレゲエ、日本のフォークミュージックまであらゆるビートをタイトに刻む打楽器職人。

testsetsts
img